歴史深く、美しい自然に囲まれる鎌倉の街には、みんなが楽しめる、綺麗に整備された芝生のグラウンドが、ひとつもありません。そしてまた日本には、スポーツを通じて国際交流ができる場が、あまりありません。私たちは、この2つを同時に実現できる場をゼロから創ることで、鎌倉を、日本を、もっと豊かにしたいと考えています。

この願いを叶えてくれる仲間を募集します!

>> 興味をお持ちの方はこちら

はじめに

はじめまして、鎌倉インターナショナルFCのオーナー四方健太郎(よも けんたろう)です。このプロジェクトの発起人である私は、10年前に会社を辞め、サッカーボール1つとリュックサックを持って世界一周の旅に出掛けました。約1年間かけて、サッカーのワールドカップに出場する32カ国を巡る旅を行い、最後はワールドカップ開催地である南アフリカに1ヶ月住んでいました。旅の道中、このサッカーという“世界共通言語”をフルに活用することで、世界中に仲間ができ、自分の人生の可能性、世界がめちゃくちゃ広がったという実体験があります。

日本への帰国後、このような世界と触れる体験をより多くの人たちに届けたいという想いから、学生から社会人、企業のビジネスパーソンのグローバル人材育成の事業を立ち上げ、日本と世界各国の行き来をしています。そして、2018年に、その原体験に紐づくサッカーでの日本のグローバル化を掲げ、古都・鎌倉に「鎌倉インターナショナルFC」(以下、鎌倉インテル)というクラブチームをまったくのゼロから立ち上げ、現在に至ります。

今回のプロジェクトは、鎌倉インテルを設立した当初から「必ず実現をしたい」と思い描き続けてきたことのひとつです。試合や練習拠点となるだけでなく、スポーツを介して、周辺地域の方々が大人から子どもまで世代を越えて、性別やバックグラウンドなどの垣根を越えて賑わいを起こすことができれば、地元のみならず、日本各地から、そして世界からエネルギーを集結させられることができると思います。

ハッキリ言って、こんなプロジェクトを行政や大手企業一辺倒に頼るのではなく、僕をはじめ、民間の、いち個人の有志の仲間たちの集まりでゼロから進めていくのは無謀なチャレンジでしたし、今でもそう思ってます。まるでかつての米国の映画「フィールド・オブ・ドリームス」のサッカー版、鎌倉版とも言えるかもしれません。

ただ、僕ら自身がこの取り組みに挑戦することで、関わってくれる、観ていてくれる多くの皆さんに勇気を与え、「よし、僕もやってみよう!私もチャレンジしてみよう!」という流れが日本全国、世界各地に生まれていくのではないかと信じていて、そんな世界を想像するだけワクワクしている自分がいるのも正直な気持ちです。

その他の発起人

鎌倉インターナショナルFC

鎌倉インターナショナルFC(通称 鎌倉インテル)は、世界で最もグローバルなスポーツであるサッカーを通じて未来の日本を国際化していくため、2018年に設立された新しいサッカークラブです。現在は神奈川県社会人リーグに所属していますが、プロサッカークラブ(Jリーグ参入)、そして世界を目指して活動をしています。『CLUB WITHOUT BORDERS』をビジョンに掲げ、日本と世界を隔てる国境をはじめ、人種や宗教、性別、年齢、分野、そして限界、あらゆる“BORDER”(境界線)をもたないサッカークラブを目指しています。

HP:https://kamakura-inter.com/

選手1人から始まった新しいクラブではありますが、トップチーム・セカンドチーム・サードチーム・ジュニアスクール、老若男女総勢約100人の選手がプレーをし、50人以上のスタッフ・ボランティアが所属、日に日に仲間が増えてきています。2021年1月には、ビジュアルのリブランディングを実施し、さらに新しい姿に生まれ変わりました。アマチュアクラブでは異例ですが、プロのクリエイティブチームとタッグを組み、グローバルブランドとして世界に向けて発信をしていきたいと考えています。