みんなの鳩サブレースタジアム(運営:一般社団法人鎌倉スポーツコミッション、所在地:神奈川県鎌倉市、代表理事:堀米剛)と湘南モノレール株式会社(所在地:神奈川県鎌倉市、代表取締役社長:尾渡英生)は、みんなの鳩サブレ―スタジアムの10月中旬のオープニングを前に、鎌倉市深沢地域及び湘南モノレール沿線の活性化を目的としたパートナーシップ契約を締結いたしました。

スポーツやヘルスケアをテーマに地域活性化を目指しているみんなの鳩サブレースタジアムと、地域とのよりよい共生共創を図る湘南モノレール株式会社が、お互いが強く協力・連携することで、目標実現を加速させようと、このパートナーシップに至りました。本パートナーシップによる取り組み第一弾として、下記の取り組みを開始いたします。

・みんなの鳩サブレースタジアムご利用者への公共交通機関の利用促進
・「湘南モノレール みんなの鳩サブレースタジアム号」出発式の開催
・湘南モノレール各駅における、みんなの鳩サブレースタジアム、鎌倉インターナショナルFCのPR
・みんなの鳩サブレースタジアムにおける湘南モノレール株式会社のバナー掲出等のPR
・湘南モノレール大船駅における鎌倉インターナショナルFC公式ユニフォームの掲出

■湘南モノレール株式会社 代表取締役社長 尾渡 英生 コメント
みんなの鳩サブレ―スタジアムのオープニング、誠におめでとうございます。様々なハードルを乗り越えスタジアム建設に挑まれて来たチャレンジャー達、そして、この取り組みを応援するサポーターの皆様に心より敬意を表します。湘南モノレールもサポーターの皆様とご一緒に同スタジアムを応援して参ります。同スタジアムは、スポーツやヘルスケアを基軸に新たな交流の場を目指されるとのこと。コロナ禍に負けず、健康で笑顔溢れる、みんなが集うスタジアムを期待しています。

■一般社団法人鎌倉スポーツコミッション 代表理事 堀米 剛 コメント
「みんなの鳩サブレースタジアム」は、スポーツやヘルスケアを基軸に、地域内外に開かれたコミュニティスペースとして、新たな人流や交流の場を生み出すことを目的しています。この度、50年にわたり深沢地域の活性化を主導されてきた湘南モノレール株式会社様と協働させていただくことで、様々な人や企業等をスタジアムに誘致し、深沢地域及び湘南モノレール沿線のさらなる発展につながるよう取り組んでまいります。

■湘南モノレール株式会社
代表者:代表取締役社長 尾渡 英生
本社所在地:〒248-0022神奈川県鎌倉市常盤18
事業内容:
・懸垂型サフェージュ式モノレール鉄道の運営(大船~湘南江の島間)
・不動産の賃貸
・駐車場、広告

■湘南モノレール 鳩スタ号 出発式開催のご案内
10月11日(月)のみんなの鳩サブレースタジアム、グランドオープンに先駆けて「湘南モノレール 鳩スタ号」の出発式を開催しますので下記の通りお知らせいたします。

日時:2021年10月9日(土)11時〜11時30分(予定)
場所:湘南モノレール 大船駅改札内
内容:
出発式では、みんなの鳩サブレ―スタジアムおよび鎌倉インターナショナルFCをデザインしたオリジナルヘッドマークを、湘南モノレール5611編成(湘南ブラックライン)に装着し、2022年1月8日(土)まで運行いたします。
備考:メディア関係者のみ観覧可
※一般の方のご観覧はご遠慮くださいますようお願いいたします。

■湘南モノレール「湘南深沢駅」駅名看板が鳩スタオリジナルデザインに!
みんなの鳩サブレースタジアム最寄り駅の湘南モノレール「湘南深沢駅」の駅名看板が10月9日(土)から鳩スタオリジナルデザインに変更となります。

掲出駅:湘南モノレール湘南深沢駅
掲出期間:2021年10月9日(土)〜2022年1月8日(土)

【みんなの鳩サブレースタジアム】 https://hatostadium.com
所在地:〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原634-1
運営:一般社団法人鎌倉スポーツコミッション
代表理事:堀米剛
みんなの鳩サブレースタジアムは、人工芝のフルサイズのサッカーピッチ(102メートル×64メートル)と、約1000平方メートルのコミュニティースペースを併設した、日本では過去に例を見ない、「民費民地民設民営」によるスタジアムです。